[僕] Javascript アーカイブ

僕ト云フ事

たろマークはてなブックマーク

トップ > Javascript

2012年06月06日

[javascript][jquery]setTimeout と arguments.callee で、$.ajax() を retry する

昨日、jQuery の $.ajax() の実行が失敗したときに、少しまってから retry させたかったんだけど、その方法が分からずはまったのでメモ。

arguments.calleeとsetTimeoutを使ってJavaScriptのリトライ処理を簡単に書く方法 | さくらたんどっとびーず を参考にした。


(function() {
    var callee = arguments.callee;
    $.ajax({
        url: 'http://example.com/api/hoge',
        error: function () {
            setTimeout(callee, 1000);
        }
    });
})();

$.ajax() は、処理に失敗したときに error に渡した関数が callback されるようになっているので、そこで setTimeout を使う。この例では 1000ms 待ってから retry する

arguments.callee は何か、と言うとどうも呼び出した関数そのものが入ってるらしい。

calleeプロパティ - Argumentsクラス - JavaScript入門

再帰呼び出しをこんな感じでできる。


var factorial  = function (n) {
  if (n == 0){
    return 1;
  }else{
    return n * arguments.callee(n - 1);
  }
};

factorial(3) // => 6

名前がある関数だと、そのままその名前呼べばいいか、と言うことをこれ書いていて気がついた……。

2009年04月02日

[amazon][aws][ec2][javascript]EC2 のコストを計算するのを Javascript で書いた

EC2 でかかる費用を計算するのはこれとかあるんだけど、そんなに詳細じゃなくて良いので、自分が調べたい範囲だけ調べられればいいなぁということで書きました。

EC2 コスト計算

small インスタンスを使う前提で、Elastic IP address, S3 の使用容量、月間転送量 (out)、 CloudFront の月間転送量、EBS のボリュームを指定すると、最初の月にかかる費用、その後毎月かかる費用、予約先払い分を含めた on demand, 1year, 3years の比較などがその場で確認できます。

各項目の単価設定が間違えてたりするかもしれないので、くれぐれも注意してください!
このスクリプトを使用して何らかの損害が出ても責任は負いかねます!
reserved instance を間違えて 11 個買っちゃっても自己責任です!(コマンドで買うの怖い >_<)

ちなみに github に置いてます。

vkgtaro's ec2-caluclator at master - GitHub

Javascript だし、ソースを読んでもらえれば幸いです。読みづらいかもしれませんが。

最近少し jQuery 使ってみてますがいいですね。楽だ。
hash が object なのが Javascript は面白いなぁ。

id で要素指定して、text 書き換えてるあたりをもう少し上手く切り離して、メソッドを細かくすると EC2 オブジェクトがテストできそうな雰囲気だけどどうだろう。

追記

emuty さんに Elastic IP アドレスは instance に attach してる間は無料との助言を頂きました。確かに利用料確認したら含まれてなかったす!

ということでスクリプトも修正しました。
Elastic IP 以外はもう安すぎるのでこのスクリプトあまり意味がないかもw

thanks emuty san!

2008年05月24日

[javascript]キーを押したのを検知する

開いてるページ上でキーを押した時検知するのはどうしたらいいのかちょっと調べてみた。初めての JavaScript p123〜125 くらいに詳しく載ってたのをイベントハンドラに登録して使うようにしてみた。

こんな感じ。

function keyUp (nsEvent) {
  var theEvent = nsEvent ? nsEvent : window.event;
  alert( theEvent.keyCode );
}
 
if (window.addEventListener) {
  window.addEventListener('keyup', keyUp, true);
} else {
  window.attachEvent('onkeyup', keyUp);
}

Mozilla とか Opera は関数の引数にイベントオブジェクトが渡ってくるのでそれを使う。
無ければ IE 系なので、window.event を使う。
このスクリプトを実行するとキーを押して離したときに、そのキーの番号がダイアログで出ます。
(keydown や keypress より keyup のがいいみたい。なので正確にはキーを離したのを検知ですね。)

参考

初めてのJavaScript―Ajax&DOM対応
Shelley Powers
オライリージャパン
売り上げランキング: 148868
おすすめ度の平均: 3.0
5 JavaScriptの全体像をつかむには最適
1 浅い内容
2 構成が悪く、読みにくい
5 ちょっと優しい感じのオライリー

2007年10月28日

[javascript]フォームの要素を追加したり削除したりする

「項目を追加する」ボタンで項目を一つ追加します。
「項目を削除する」ボタンで項目を一つ削除します。
最初からある項目1は削除されません。

項目1

スクリプト

スクリプトはこんな感じ。

var ItemField = {
    currentNumber : 1,
    itemTemplate : '<h3>項目__count__<h3/>'
        + '<p><input type="text" name="text__count__" size="30" /></p>',
    add : function () {
        this.currentNumber++;

        var field = document.getElementById('item' + this.currentNumber);

        var newItem = this.itemTemplate.replace(/__count__/mg, this.currentNumber);
        field.innerHTML = newItem;

        var nextNumber = this.currentNumber + 1;
        var new_area = document.createElement("div");
        new_area.setAttribute("id", "item" + nextNumber);
        field.appendChild(new_area);
    },
    remove : function () {
        if ( this.currentNumber == 1 ) { return; }

        var field = document.getElementById('item' + this.currentNumber);
        field.removeChild(field.lastChild);
        field.innerHTML = '';

        this.currentNumber--;
    }
}

上の例は以下のように使ってます。
追加ボタンの onclick に ItemField.add()、削除は ItemField.remove() です。

ItemField.currentNumber で初期値を設定します。ItemField.add() は ItemField.currentNumber をインクリメントして使用するので、あらかじめ書いておいた div の id が item2 なら 1 です。
(これちょっと分かりづらいね)

ItemField.itemTemplate には後から追加する項目のテンプレートを入れておきます。
__count__ という文字列を入れておくと追加したときの ItemField.currentNumber に replace されます。

<h4>項目1</h4>
<p><input type="text" name="text1" size="30" /></p>
<div id="item2"></div>

<p><input type="button" value="項目を追加する" onClick="ItemField.add();" /></p>
<p><input type="button" value="項目を削除する" onClick="ItemField.remove();" /></p>
<form>
<script type="text/javascript" src="/scripts/field.js"></script>
<script type="text/javascript">
ItemField.currentNumber = 1;
ItemField.itemTemplate
    = '<h4>追加項目__count__</h4>'
    + '<p><input type="text" name="text__count__" size="30" /></p>';
</script>

最初作ったとき、appendChild がよく分かって無くていろいろつまづいた。
どんどん div がネストしていくようになってしまったりとか(;'-')

後は全体的に変数名とかメソッド名がちょっとアレな感じなのを今後何とかしていきたい。

タイトルではフォームの要素をと書いたけど、itemTemplate を書き換えれば何でも追加したり削除したり出来るね

初めてのJavaScript―Ajax&DOM対応
Shelley Powers 武舎 広幸 武舎 るみ
オライリージャパン (2007/05)
売り上げランキング: 40760
おすすめ度の平均: 3.0
1 浅い内容
2 構成が悪く、読みにくい
5 ちょっと優しい感じのオライリー

2007年09月22日

[javascript][prototype]prototype でメソッド追加

prototype で以下のようにやると this には Hoge のオブジェクトが渡ってくる。

function Hoge (x, y) {
    this.x = x;
    this.y = y;
}
Hoge.prototype.test = function () {
    alert( this.x );
}
 
var hoge = new Hoge(2, 5);
hoge.test(); // 2

例えば、Array で特定の要素を削除するメソッドを追加したい時はこんな感じでメソッドを追加できる。

Array.prototype.remove = function (k) {
    var newary = [];
    var j = 0;
    for ( var i = 0; i < this.length; i++ ) {
        if ( i != k ) {
            this[j] = this[i];
            j++;
        }
    }
    this.length = this.length - 1;
}
 
var ary = ['hoge', 'foo', 'bar'];
ary.remove(1);
alert( ary ); // hoge, bar

ちなみに古いブラウザに対応するのでなければ、上記の例は splice を使えばいいらしい。

ary.splice(1, 1);

2007年06月02日

[firefox][greasemonkey][sbm]hatebu_in_lc_and_delicious.user.js への patch

Yappo さんの hatebu_in_lc_and_delicious.user.js が、はてなブックマークのエントリページの HTML の構造が変わって動かなくなってたのでちょっと修正してみました。

*** hatebu_in_lc_and_delicious.user.js.org	2007-05-30 18:13:34.000000000 +0900
--- hatebu_in_lc_and_delicious.user.js	2007-05-30 18:27:36.000000000 +0900
***************
*** 406,414 ****
  
  			var html = make_html(livedoor);
  			var jitensya = document.body.innerHTML;
! 			document.body.innerHTML = jitensya.replace('<div class="bookmarklist">', '<div class="bookmarklist">' + 
  				'<div class="caption"><a name="comments" id="comments"><a href="' + livedoor_url + '">livedoor clip</a> User</a> (' + livedoor.length() + ') <a href="http://clip.livedoor.com/page/rss/' + encodeURI(url) + '"><img src="/images/rss.gif" alt="RSS" title="RSS"></a><br>' + 
! 				'<a href="http://clip.livedoor.com/clip/add?link==' + encodeURI(url) + '&title=' + encodeURI(title) + '">save this</a></div><ul>' + html + '</ul>');
  		}
  	});
  
--- 406,414 ----
  
  			var html = make_html(livedoor);
  			var jitensya = document.body.innerHTML;
! 			document.body.innerHTML = jitensya.replace('<div class="info">', '<div class="info">' + 
  				'<div class="caption"><a name="comments" id="comments"><a href="' + livedoor_url + '">livedoor clip</a> User</a> (' + livedoor.length() + ') <a href="http://clip.livedoor.com/page/rss/' + encodeURI(url) + '"><img src="/images/rss.gif" alt="RSS" title="RSS"></a><br>' + 
! 				'<a href="http://clip.livedoor.com/clip/add?link==' + encodeURI(url) + '&title=' + encodeURI(title) + '">save this</a></div><ul id="bookmarked_user" class="bookmarklist">' + html + '</ul>');
  		}
  	});
  
***************
*** 421,429 ****
  
  			var html = make_html(delicious);
  			var jitensya = document.body.innerHTML;
! 			document.body.innerHTML = jitensya.replace('<div class="bookmarklist">', '<div class="bookmarklist">' + 
  				'<div class="caption"><a name="comments" id="comments"><a href="' + delicious_url + '">del.icio.us</a> User</a> (' + delicious.length() + ') <a href="http://del.icio.us/rss/url/' + Digest.MD5.md5_hex(url) + '"><img src="/images/rss.gif" alt="RSS" title="RSS"></a><br>' + 
! 				'<a href="http://del.icio.us/Yappo?url=' + encodeURI(url) + '&title=' + encodeURI(title) + '">save this</a></div><ul>' + html + '</ul>');
  		}
  	});
  })();
--- 421,429 ----
  
  			var html = make_html(delicious);
  			var jitensya = document.body.innerHTML;
! 			document.body.innerHTML = jitensya.replace('<div class="info">', '<div class="info">' + 
  				'<div class="caption"><a name="comments" id="comments"><a href="' + delicious_url + '">del.icio.us</a> User</a> (' + delicious.length() + ') <a href="http://del.icio.us/rss/url/' + Digest.MD5.md5_hex(url) + '"><img src="/images/rss.gif" alt="RSS" title="RSS"></a><br>' + 
! 				'<a href="http://del.icio.us/Yappo?url=' + encodeURI(url) + '&title=' + encodeURI(title) + '">save this</a></div><ul id="bookmarked_user" class="bookmarklist">' + html + '</ul>');
  		}
  	});
  })();

2006年02月25日

[javascript][mt]MT の検索結果をその場に出す。

初めての Ajax ネタ。prototype.js とか、script.aculo.us とかいじってみようということで手軽に実験できないかなぁと思いついたのが Movable Type の検索結果。

右の検索フォームから検索すると検索結果がフォームの下にズルズル出てきます。

では、解説です。まずは外部 JS ファイルの読み込み。myscripts.js が自分で定義した関数(オブジェクト?)を書いてあるファイル。


    <script src="<$MTBlogURL$>js/prototype.js" type="text/javascript"></script>
    <script src="<$MTBlogURL$>js/scriptaculous.js?load=effects" type="text/javascript"></script>
    <script src="<$MTBlogURL$>js/myscripts.js" type="text/javascript"></script>

myscripts.js はこんな感じ。一応ソース貼り付けておきます。


var SearchEntry = Class.create();
SearchEntry.prototype = {
    initialize: function(form) {
        this.entry = $('result');
        
        this.entry.innerHTML='<img src="/js/progress_bar.gif" width="200" height="20">';
        Element.show(this.entry);
        // var pars = 'IncludeBlogs=1&search=' + $F('search');
        var params = Form.serialize(form);
        new Ajax.Request("/cgi-bin/mt/mt-search.cgi", {
            method: 'post',
            parameters: params,
            onComplete: this.showresult.bind(this)
        });
        
    },    
    showresult: function(res){
        Element.hide(this.entry);
        this.entry.innerHTML=res.responseText;
        Effect.SlideDown(this.entry);
    }
};

prototype.js の使い方とか、何より Javascript がよくわかってないので、Femo のコードを参考にさせていただきました。というかほぼ丸パクリですが。わからないで書いてるのがちょっとアレですが、とりあえず今後使っていくうちにわかれば良いじゃんってことで。

そして、検索結果のテンプレート /path/to/mt/search_templates/default.tmpl です。


<ul class="module-list">
<MTSearchResults>
    <li class="module-list-item"><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$> <$MTEntryDate$></a> <$MTEntryEditLink$></li>
    <ul>
        <li class="module-list-item"><$MTEntryExcerpt$></li>
    </ul>
</MTSearchResults>
<MTNoSearchResults>
    <li class="module-list-item"><MT_TRANS phrase="Searched for"> "<$MTSearchString$>"</span></li>
    <ul>
        <li class="module-list-item"><MT_TRANS phrase="No pages were found containing"> "<$MTSearchString$>".</li>
    </ul>
</MTNoSearchResults>
<MTNoSearch>
    <li class="module-list-item"><MT_TRANS phrase="No pages were found containing"></li>
</MTNoSearch>
</ul>

後は検索フォームをこんな感じにします。


<form action="JavaScript:void(0);" onSubmit="new SearchEntry(this);return false;">
    <input type="hidden" name="IncludeBlogs" value="<$MTBlogID$>" />
    <label for="search" accesskey="4">ブログを検索: </label><br />
    <input id="search" name="search" size="20" />
    <input type="submit" value="検索" value="検索" />
</form>
<div id="result"></div>

最期の <div id="result"></div> って部分に検索結果が出ます。

2006年02月07日

[google][javascript]「Google Analytics を HTTPS(SSL)なページで使う」を少し改造する。

Google Analytics を SSL なページで使うとブラウザでページの一部がなんたらかんたらと警告される。(Firefox だとロケーションバーの色がつかず、鍵が壊れたマークがつく)
んで、その回避策がこちら。

cyano: Google AnalyticsをHTTPS(SSL)なページで使う

やり方はとても簡単。GoogleからのJavaScriptを読み込むプロトコルとドメインを変更するだけ。以下例。

<script src="https://ssl.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
_uacct = "自分のアカウントID";
urchinTracker();
//]]
</script>

確かにこれで回避できることはできるんだけど、いちいち SSL で保護されたページとそうでないページで貼り分けるのがめんどくさい。というか、blog とか CMS で構築してるとそこだけ変えるとかがまためんどくさい。

んで、苦し紛れの改造。

<!--
<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script>
-->
<script type="text/javascript">
if ( location.protocol == 'https:' ) {
    document.write("<script src=\"https:\/\/ssl.google-analytics.com\/urchin.js\" type=\"text\/javascript\"><\/script>");
} else {
    document.write("<script src=\"http:\/\/www.google-analytics.com\/urchin.js\" type=\"text\/javascript\"><\/script>");
}
</script>
<script type="text/javascript">
_uacct = "UA-XXXXX-X";
urchinTracker();
</script>

最初にコメントアウトしてる部分は、どうも Google Analytics がプロファイルで指定したデフォルトページにコード挿入の有無を確認しに来ているようなのでダミーとしておいた。いまのところ上手くいってる。だからコメントアウト。ヒアドキュメントができればいらないんだけど、Javascript ではヒアドキュメントが無いっぽい。

てか、あんまり書いたこと無いとはいえ泥臭いと言うか自分でも見てもセンス無いなーと思った。とりあえず動けばいいやとやってしまった。

追記

一言おくられてきた。 (07/01/08)

つーか、どっちもssl.google-analytics.comでよくね?Googleには優しくないけど。

確かにそうかも。

2005年04月22日

[javascript][javascript]SELECT 要素を連携させる

去年にも Javascript 分かんないから、if 文だけで完結させるという力技をやってのけたんだけど(゚ロ゚;)、データベースと連携したいということで、もう少し使いまわしが効くように、JavaScript & DHTMLクックブック―Webエキスパート必携テクニック集の レシピ 8.13 をチョコっと改造した。
大分類で選んだ内容にあったものを中分類にリスト、中分類で選んだものを小分類でリスト、無い場合は空にするって感じで、こんな感じ。

詳細~ヽ(´ー`)ノ

  • categorydb.js
    大中小のリストを入れておくファイル。コレを perl スクリプトかなんかで書き出せば OK
  • setcategory.js
    大中カテゴリが選択された時にその下のカテゴリリストをセットする。
  • initcategory.js
    大カテゴリをリストする。

HTML

<script type="text/javascript" src="http://sky.taro-web.com/scripts/select/categorydb.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://sky.taro-web.com/scripts/select/setcategory.js"></script>
<form name="search">
<select name="large" onChange="setCate(this,'medium')">
<option value="">▽大分類</option>
</select>
<select name="medium" onChange="setCate(this,'small')">
<option value="">▽中分類</option>
</select>
<select name="small">
<option value="">▽小分類</option>
</select>
</form>
<script type="text/javascript" src="http://sky.taro-web.com/scripts/select/initcategory.js"></script>

2005/04/26 大分類選択時に小分類もリセットする様にした。

JavaScript & DHTMLクックブック―Webエキスパート必携テクニック集
ダニー グッドマン Danny Goodman 村上 列
オライリージャパン (2004/01)
売り上げランキング: 2,337
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.5
5 Web作成に詰まったときに
4 じっくり学ぶには良い

トップ > Javascript